債務整理のキホン

債務整理にはどのくらいの費用がかかるの?

債務整理を行う際には、たいていの場合、法律のプロである弁護士や司法書士に手続きを依頼することになります。もちろん、資格がないとできない手続きではないので、自分でもすることができます。

 

しかし、用意する書類や裁判所での手続きは複雑で、勝手がわからない人にとっては相当大変な手続きとなります。また、時間がかなりかかってしまいますので、その間の借金返済も大変になります。そのため、弁護士や法律事務所に依頼するのが一般的になっています。

 

ただし、法律事務所などに相談をして仕事を依頼するのは、一般的にとてもお金がかかるイメージがありますので、躊躇してしまう人が多いのも事実です。

 

債務整理の費用は払えるのか?

現実的には債務整理にかかった費用のほとんどは、支払いがなされているという統計がなされています。ある程度の金額を弁護士などに支払わなければならないとしても、今まで苦しんでいた借金がなくなったり支払い金額がかなり減ったりしますので、その分で弁護士や法律事務所への支払いに回せるのです。

 

ほとんどの弁護士や法律事務所では、費用を分割払いできるようにしていますので、無理することなく時間をかけて支払えるというのも、その理由の一つでしょう。

 

具体的にいくらかかる?

債務整理の中でも、個人再生や自己破産の手続きのためにかかる費用は、30万円から60万円程度となっています。この金額の差は、借金の額などによって異なりますので、手続きを依頼する際には事前にトータルでいくらになるかを確認してみましょう。

 

借金で首が回らなくなっているケースのほとんどは、数百万円以上の借金をかかえていますので、それが30万円から60万円の支払いで債務整理できるというのは、大きな助けになるでしょう。

 

任意整理の場合はもう少し料金の計算が複雑になります。多くの法律事務所では、着手金と報酬金を別に請求していて、それぞれ2~3万円ほどです。それに加えて、減額することのできた分の10%から20%くらいが報酬として請求されることになります。書類作成代などの事務手数料がこれに加わります。

 

ある程度の相場というものは存在しますが、法律事務所によって料金はかなり異なります。そのため、事前にしっかりとどのくらいの費用がかかるのかを調べておくようにしましょう。その際には、一つの事務所だけでなく、いくつかの事務所で費用の予想をしてもらって、より経済的に手続きを行えるところを選ぶのが肝心です。