債務整理のキホン

債務整理の依頼は弁護士?それとも司法書士にするの?

債務整理をするにあたっては、多くの人は法律の専門家である弁護士、司法書士へ手続きを依頼します。自分でもできないことはないのですが、裁判所での手続きは素人では結構大変ですし、任意整理といった債権者との交渉が必要なものでは、借金の減額分が下がってしまうこともあります。

 

やはり、弁護士などを立てて専門家に交渉してもらった方が、減額の割合が高くなりますので、費用がかかったとしてもトータルでは得することになります。債務整理を扱える専門家としては、弁護士と司法書士がいます。どちらに頼んだら良いかは、その債務整理の内容によりますので、弁護士と司法書士の違いについて知っておくと良いでしょう。

 

司法書士にできることできないこと

1つの大きな違いは、弁護士であればどんなケースにも対応できて、債務整理の種類や金額に関わりなく手続きを行うことができます。しかし、司法書士の場合は、1社あたりの借金額が140万円を超えるようなケースでは、対応できなません。

 

そのため、個人再生や自己破産を申請するようなケースでは、通常借金の総額がかなり大きくなっていますので、対応できないことがしばしばあります。そのため、司法書士が主に扱うのは、過払い金の請求など、140万円未満のケースに限られてきます。

 

とはいえ、司法書士が手続きを行う場合は、弁護士に依頼するよりも費用が安くなる傾向にあります。そのため、自分の借金の総額をしっかりと計算して、140万円を超えていないようであれば、司法書士に依頼するという手もあります。そうすることで、費用の支払いを抑えることができて、精神的にも負担を抱えずに済みます。

 

オールマイティな弁護士

一方で、弁護士の場合は、借金の額がいくらであろうと債務整理の手続きを行うことができます。また、裁判所での手続きの煩雑さや、手続きのために納めなければならないお金の額などの面で、司法書士より優遇されています。結果として、よりスピーディーに手続きを行うことができて、すぐに債務整理の結果を見ることができます。

 

とはいえ、弁護士でも債務関連の業務を専門にしていない人もいます。もちろん、手続き自体は行えるのですが、処理に慣れていないと余計に時間がかかったり、交渉がうまくいかず思った通りの減額を勝ち取れなかったりすることもあります。

 

そのため、債務の整理を専門にしているところを探して依頼することがとても重要です。資格を持っているというだけでは、うまくできないものですので、しっかりと適任な人を見つけることがスムーズに手続きを進めていくカギとなります。