債務整理のキホン

信用情報機関とは何をするところなの?

日本国内においては、誰がどのくらいの額の融資を消費者金融から受けているとか、いくらのクレジットカード利用があるなどの情報が、信用情報機関に集められています。この信用情報機関とは、金融関連のデータを一元管理して、その情報を銀行などの金融機関や、消費者金融、クレジットカード会社などに発信するという機関のことです。

 

信用情報機関の役割

信用情報機関に集められている情報を確認すれば、返済遅れがあったり返済不能になっていたり、という信用状況がすぐに分かりますので、どの金融機関でも信用情報機関とのつながりを持っています。そして、たとえば新規の顧客がカードローンを申し込んだ時に、信用情報機関にその顧客の信用情報を問い合わせて、返済能力があるか、信用できる人であるかを確かめているのです。ここにある情報に基づいて、審査にパスしたり、逆に申し込みが拒否されたりしますので、とても重要なプロセスだと言えるでしょう。

 

信用情報機関では、借金額などの金融に関する履歴だけでなく、過去にどのような金融事故や手続きがあったかの情報も保管しています。そのため、カードローンの返済が数か月も滞ってしまっていた、返済不履行によって契約解除になってしまった、という事態があった時には、すぐにその情報が信用情報機関に行き登録されることになります。

 

借金の額が返済能力を上回ってしまったために、任意整理などの債務整理を行った時にも、その情報が信用情報機関に保管されることになります。そのため、任意整理をした人が、整理をした相手とは違う会社でクレジットカードを作りたいと思っても、任意整理をしたという情報が共有されますので、5年間はどのクレジットカード会社でもカードを作れなくなってしまうのです。

 

返済計画をしっかりと立てる

このように、信用情報機関とは過去の金融取引状況を集め、それを提携している金融機関に提供するところです。ここに、自分の借金やローン取引の記録がすべて残っているわけですので、しっかりと返済計画を立ててきちんと返済していかないと、その記録が残ってしまい、後々大きな影響を及ぼすことになります。

 

借金をしていた会社だけでなく、どの金融機関でもその情報を参照することができますので、その影響はとても広い範囲に亘ります。ベストなのはやはり、自分の返済能力を超えて借金をしないことですので、先々のことをじっくりと考え、しっかりとしたプランを立ててからローンの申し込みと利用をするようにしましょう。