債務整理のキホン

債務整理後の借金はどうなるの?

多額の借金を抱えていたり多重債務の状態に陥ったりすると、どうあがいても借金の返済ができないという事態になることがあります。金利の支払いだけで精いっぱいで、まったく元金が減っていかないという最悪のケースに陥ることもあります。そのような時には、債務に関するプロに依頼して任意整理や自己破産などの債務整理をすることになります。

 

債務整理の種類により異なる

とはいえ、債務整理と言ってもいくつかの種類がありますので、それによって債務整理の借金の状況が変わってきます。債務が全くなくなってしまうのは、自己破産だけです。自己破産をすると、債務がすべて帳消しになって、返済をする必要がなくなります。もちろん、債務の責任が全くなくなるというわけではありません。

 

もし、何らかの財産があるのであれば、所有している不動産などをすべて手放してそれを借金の支払いに充当しなくはなりません。とりあえず、今持っているものを債務の返済に回して、それ以上の返済義務はなくなるということになります。

 

個人再生の場合は、債務すべてが帳消しになるわけではなく、借金の減額を行います。多くのケースでは10%から20%にまで減らすことができますので、債務整理後の支払いはとても楽になるでしょう。返済期間がぐっと短くなりますし、毎月支払う額もかなり減ることになります。返済を続けることには変わりありませんが、完済できるという確かな希望を持って支払い続けられるのがメリットでしょう。

 

任意整理の場合は、裁判所が絡まず、債務者本人のみ、もしくは司法書士や弁護士が依頼に基づいて、債権者と交渉をすることによって、借金の減額を行います。または、過払い金の請求のように、本来支払わなくても良かった分を取り戻すことができる手続きもあります。この任意整理では、交渉次第でどのくらいの減額となるかは変わってきますので、債務整理後の支払いの負担も交渉結果がすべてということになります。

 

じっくり考えて決める

どの方法で債務整理を行うにせよ、借金の苦しみから解放されるということには変わりません。毎月の支払いがより楽になりますし、返し終えられるという希望を持って支払いを続けることができるようになります。

 

一方で、債務整理の手続きを行う際に、弁護士や司法書士に依頼したのであれば、その費用の支払いをしなくてはなりません。分割払いで無理なく支払っていけるとはいえ、しっかりとその支払いについてもあらかじめ考えておくようにしましょう。